住宅遺産トラストについて

ご挨拶

様々な事情により、貴重な住宅建築がひっそりとその姿を消しつつあります。
どんなに優れた建築であっても、個人の所有である点で住宅の継承はきわめて難しいテーマです。
優れた住宅を失うことは、貴重な技術や空間を失うにとどまらず、そこで育まれ続けられてきた住まい方、地域の記憶景観を失うことでもあるでしょう。
私たちは、こうした価値ある住宅建築とその環境を「住宅遺産」と呼びます。
「住宅遺産」を愛し、その継承に関心を寄せる多くの方々とともに、これを後世に継承するための仕組み作りを目指して、「一般社団法人住宅遺産トラスト」を設立いたしました。

活動

住宅遺産を引き継ぐ為のお手伝いをします住宅遺産をひろく伝えるためのイベントを企画開催します。住宅遺産を維持管理するためのお手伝いをします。

組織

代表理事:  野沢正光
理事: 木下壽子、小西(伊藤)玲子、新堀学、田村誠邦
林泰義、山本秀代、吉見千晶(事務局)
監事: 木村常在、松隈章
顧問
内田青蔵、尾谷恒治、後藤治、陣内秀信、
富田玲子、藤森照信、松隈洋